ドラマ

【ちむどんどん】第3話(4/13回)ネタバレあらすじ!だんだん心を開くヤマトンチュ

ついに新朝ドラ「ちむどんどん」が放送開始されました。

舞台は1964年の沖縄、ヒロイン黒島結菜さんとその家族の物語が始まります!

本日2022年4月13日はは気になる第3話!

各回のあらすじをネタバレ込みで毎日詳しくお見せしていきます♪

▼ヒロインのお相手本命は??

ちむどんどん,相手役
【朝ドラ】ちむどんどんヒロインの相手役本命は誰?やはり宮沢氷魚が有力?NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」が2022年4月11日(月)よりスタートするとともに、すでにヒロインの相手役は誰だ!?と話題になって...

では早速見ていきましょう!

【ちむどんどん】第3回(1週目4/13)ネタバレあらすじ!

放送開始した「ちむどんどん」第3回(1週目の火曜日、4/13放送)のあらすじネタバレを詳しくみていきましょう!

▼事前に見ておきたい関係図

ちむどんどん,ネタバレ

▼前話の第2話はこちら

ちむどんどん,ネタバレ
【ちむどんどん】第2話(4/12回)ネタバレあらすじ!父の願いと戦争への思いついに新朝ドラ「ちむどんどん」が放送開始されました。 舞台は1964年の沖縄、ヒロイン黒島結菜さんとその家族の物語が始まります! 本...

東京から転校してきた青柳和彦(田中奏生→宮沢氷魚)が気になって仕方がない暢子(稲垣来泉→黒島結菜)は山に誘って美味しいもの(野草や実)を紹介!

山から帰ると言い出し転びそうになった和彦を助けようとして暢子は足を痛めてしまい、二人は小屋に避難します。

そこで和彦は両親が喧嘩ばかりで不仲だと打ち明け、暢子は和彦に文通をしようともちかけます。

両親と和彦の父が小屋に迎えに来て家に帰った翌日、暢子を助けてくれたお礼にと比嘉家は和彦と父の史彦(戸次重幸)を招待し、暢子と父(大森南朋)は沖縄そばを手作りします。

招待されて向かう途中に和彦(田中奏生→宮沢氷魚)は暢子の兄の賢秀(浅川大治→竜星涼)と幼馴染の砂川智(宮下袖百→前田公輝)に詰め寄られます。(暢子を怪我させてことについて)

しかし兄は少年ダッシュ(おそらく漫画)をくれたら許すといい出し(読み終わったから快く渡すと言う和彦)それでいいのかとなんだかんだで、結局3人で沖縄相撲をすることに。

一方で和彦の父・史彦(戸次重幸)とシークワーサー畑で会った暢子は「ここより東京の方が面白いよね?」と尋ねます。

史彦は「おじさんは沖縄も楽しいよ、暢子ちゃんにとってのふるさとであるここが、本当につまらない場所かは、大人になってからもう一度考えてみて」と伝えます。

(これは未来編で効いてきそうなお言葉!!)

そして和彦と賢秀、史彦と暢子が比嘉家に着くと、賢秀が大事にお世話していた豚を料理してしまったことをどう伝えるか悩む両親が待っていました…笑




【ちむどんどん】第3回(1週目4/13)感想!

少しずつ和彦が暢子に心を開き始めました!

そして今回も美味しそうな料理がたくさん!沖縄そば食べたいです!!



error: Content is protected !!