ジャニーズ

SixTONESわたし考察!衣装交換や花の意味は?MV撮影場所も特定!

SixTONESの7thシングル『わたし』のMVが公開されました!

松村北斗さん主演ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の挿入歌としても使われている曲ですが、MVの中にたくさんの仕掛けが施されているとファンの間で話題になっています。

そこで今回は、SixTONES『わたし』のMVについての考察や、MV撮影場所についてまとめてみました。

SixTONES新曲「わたし」のMVが話題に!

SixTONESの7枚目のシングル『わたし』が、2022年6月8日に発売されます。

CD発売に先立ち、SixTONESの公式YouTubeにて『わたし』のMVが公開されました

ドラマに主演している松村北斗さんの切ない歌声から始まる曲ですが、独特で美しい世界観のドラマチックなMVが話題になっています。

メンバーのジェシーさんは、MV公開日に公式ブログで「何個か仕掛けがあるから楽しんでね~」とファンに伝えています。

また、MVを監督した内山拓也さんも「仕掛けを散りばめています」と、MVに何か仕掛けがあることを示唆していました。

それぞれのメンバーが着ている衣装や、持っているなど、何か深い意味が込められているのでは?と、SNSではわたしMVのストーリー考察が多数投稿されています。




SixTONESわたしの衣装交換の意味は?

SixTONES『わたし』のMVでは、ラスサビのところで全員の衣装がチェンジされています。

衣装が変わることは他のMVでもよくありますが、それぞれ新しい衣装にチェンジされたのではなく、メンバー間で衣装が交換されているんです。

これにはどういう意味があるのか気になりますね。

わたしを 奪ってゆく

という歌詞の中の印象的なフレーズがありますが、SixTONES Offical web siteによると、この『わたし』という曲は、

隠していた本来の「わたし」の心が、恋に奪われていく様を、ドラマチックに表現したLOVEソング。

といったテーマの楽曲。

衣装を交換することで、あなたが「わたし」の一部になっている=わたしが奪われる、ということを表現しているのかもしれません。

YouTubeのMVではまだ全編出ていないためわかりませんが、フルバージョンでは衣装が交換されるシーンがあるのかどうかも期待しちゃいますね。

それでは、メンバー1人1人が誰と何を交換しているのか、画像と共にご紹介していきます。




京本大我×松村北斗

まずは、京本大我さんと松村北斗さんが、衣装をチェンジしています。

最初に京本大我さんが着ていたボトムスが、松村北斗さんへ。

SixTONES,わたし,考察

松村北斗さんが最初に着ていたストライプのボトムスと、長いストールが、京本大我さんへ渡っています。

SixTONES,わたし,考察

この特徴的なストールが松村北斗さんから京本大我さんに渡っているのを見て、「もしかしてメンバー全員が衣装チェンジしているのでは?」と気が付いたファンも多かったようです。

ジェシー×田中樹

続いて衣装が交換されているのは、ジェシーさんと田中樹さん

最初にジェシーさんが着ていた白いシャツグレーのベストネックレスネクタイが、田中樹さんに渡っています。

SixTONES,わたし,考察

次に、田中樹さんが最初に着ていた白いシャツ斜め掛けのベルト・ネックレスが、ジェシーさんに。

SixTONES,わたし,考察

上半身は、ジャケット以外全てそのまま交換されているようですね!




森本慎太郎×髙地優吾

最後は、森本慎太郎さんと髙地優吾さんの衣装チェンジ。

最初に森本慎太郎さんが着ていた青いシャツが、髙地優吾さんへ。

写真ではハッキリわかりませんでしたが、おそらくボトムスも渡されています。

SixTONES,わたし,考察

そして、髙地優吾さんが最初に着ていたブルー系のシャツボトムスが、森本慎太郎さんに渡っています。

SixTONES,わたし,考察

写真やMVではよく見えませんでしたが、髙地優吾さんのブレスレットが森本慎太郎さんに渡されているという説もあるようです。

SixTONESわたしの花の意味は?

SixTONES『わたし』のMVで、キーアイテムとして使われている花束。

この花は、「ニゲラ」という花です。

SixTONES,わたし,考察

ニゲラの花言葉はこちら。

未来・当惑・困惑・深い愛・叶わぬ恋・夢の中の恋・本当の私 など

髙地優吾さんがインタビューで、「花言葉は”わたし”っていう(曲名)と掛かってるんですよ」と言っていたので、「本当の私」という意味合いで使われたのでしょうか。

MVの中では、ニゲラの花束を渡したり、大事に抱きしめたりなどのシーンがあります。

花束を大事に抱き締めるのは「本当の私を守る」ということで、花束を渡すごとに「本当の私」が奪われていくというのを表現されているのではないかと考察します。

「あなたにわたしは 見せたくない」というフレーズで、松村北斗さんが花束で顔を隠すというシーンも印象的ですが、「本当の私を見せたくない、見せるのが怖い」ということなのかもしれません。

恋をして傷つくのが怖いから恋をする心を閉ざして「私を守っている」けれど、恋をして今まで守っていた私の心が奪われていく=いい意味でも悪い意味でも、変わっていくということなのではないでしょうか。

SixTONES,わたし,考察

ちなみに、ニゲラは3月8日の誕生花ですが、3月8日はメンバーの髙地優吾さんの誕生日

MV撮影も髙地優吾さんの誕生日前日に行われているので、何か縁を感じますね!




SixTONESわたしには意味深なシーンが多数!

衣装交換や花の他にも、このSixTONESわたしMVでは、意味深で謎めいたシーンがいくつかあります。

  • 田中樹さんが手の画面を外す→鏡にヒビが入る?
  • MV最後の鉄の扉or石碑の意味は?
  • 最後は6人全員花を持っている意味は?

まず、田中樹さんが見ている鏡にヒビが入るシーン。

SixTONES,わたし,考察

田中樹さんが顔を覆っている手を離して立ち去った後、一瞬で鏡にヒビが入るという演出があります。

これは、「ヒビが入る」→「恋をしたことによってこれまでの自分が変わる」ことを意味しているのか、「あなたに見せたくないわたし」を意味しているのか…。

謎は深まるばかりですね。

続いて、MV最後に映る印象的な扉?石碑?のようなもの。

SNSでも様々な考察が上がっていて、「これは扉?石碑?どっち?」と悩むファンも。

SixTONES,わたし,考察

これを「鉄の扉」だと見る場合は、最後は閉ざされていた重い扉を開けて(恋をして)新しい世界に出ていくのでは…と考えられそうですね。

また、これを「石碑」だと見る人の中には、「SixTONES」というグループ名にちなんで「SixTONES=石」かな?と考える方も。

メンバーの口からこれらの謎の意味を語ってくれる日が来るといいのですが…。気になる点が多すぎますね!




SixTONESわたしのMV撮影場所も特定!

SixTONES『わたし』のMV撮影場所は、静岡県熱海市の「ホテルニューアカオ」で特定されました。

SixTONES,わたし,考察

  • 名称:HOTEL ACAO(旧 熱海温泉 ホテルニューアカオ ロイヤルウィング)
  • 住所:〒413-0033 静岡県熱海市熱海1993-65 旧ロイヤルウイング

2021年11月に宿泊業務を終了したホテルニューアカオですが、現在は昭和レトロの名所としてMVやドラマのロケ地・イベント会場としてよく使用されています。

豪華な赤い絨毯やきらびやかな内装が特徴的な「メインダイニング錦」で、田中樹さんと京本大我さんがメイキングのインタビューを受けている様子がテレビで映っていました。

SixTONES,わたし,考察

ここでは、SixTONESの2022年度のカレンダーも撮影されている、SixTONESではおなじみの場所です。

SixTONES,わたし,考察

また、Cメロのたなびく布の中歌うシーンは、現在は使われていない「カパルアプール」で、一面に布を敷いて撮影されたようです。

SixTONES,わたし,考察

また、最後のラスサビの廃墟風なところは、かつて「大浴場」だった場所で撮影されたようです。

SixTONES,わたし,考察

こちらは、櫻坂46のMVなどでも使われたことがあるようですが、ホテルの中にこんな廃墟のような雰囲気の場所があるなんて驚きですね!




SixTONESわたしはドラマの世界観にピッタリ?

SixTONES『わたし』は、2022年4月より放送の月10ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』の挿入歌としても使われ、切ないメロディーや歌声でドラマを盛り上げています。

SixTONES,わたし,考察

ドラマは、「恋なんて、人生のムダ!」と言って恋愛から距離を置いていた広瀬アリスさん演じる桜沢純が、松村北斗さん演じる長峰柊磨に出会い、恋に落ちて変わっていくというストーリー。

この桜沢純の気持ちが、SixTONESの『わたし』の歌詞そのままなんです。

恋のように無駄なことで疲れるくらいなら、恋愛なんてしたくない純。

しかし、本当は恋愛に臆病になって逃げているだけ。

こういった気持ちが、『わたし』の中でも歌われています。

「ありえないところまで 心が動き出す」

恋をして、これまでなかった感情や心が動き出している純と柊磨。

今後のストーリーがどう展開していくのか、楽しみです!




まとめ

SixTONES『わたし』のMV考察や、MV撮影場所についてまとめてみました。

1つのMVがまるで1本の映画のようなストーリーになっていていて、さらに仕掛けも多数あるので何度も見返したくなってしまうMVでした。

またフルバージョンのMVを見たら、今回とは違った考察になってくるかもしれませんね!

YouTubeでは曲の1番しか聴けませんが、SixTONESのCDはいつもYouTubeで公開されていない2番がカッコイイ!とも言われています。

CDの初回盤Aには、『わたし』のフルMVや、メイキングDVDが付属されていますので、全編を見たい方はぜひチェックしてみてください!