ドラマ

松下洸平の運動神経は?球技は苦手でも走りやダンスは得意?エピソードまとめ

俳優でシンガーソングライターでもある松下洸平さん。

朝の連ドラで「八郎沼」ブームを巻き起こした松下洸平さんですが、現在運動神経の有無に大変注目されています。

今回は、2021年の秋から出演されているドラマで、元陸上選手の刑事役という松下洸平さんの運動神経のレベルについて検証していきたいと思います!

▼気になる結婚についても…!

松下洸平,結婚願望
松下洸平結婚願望あり?なし?好きなタイプ&結婚占いから結婚条件を総まとめ朝ドラで多くの女性ファンを”八郎沼”へ引き込んだ大人気俳優の松下洸平さん。 甘いルックスと純朴な誠実さ、そして時折みせる男らしさに理想...

松下洸平の運動能力を検証!

ではさっそく松下洸平さんの運動神経のレベルを検証してみましょう!

今回検証するスポーツは全7種目です

松下洸平 運動神経検証リスト

①ダンス

②野球/キャッチボール

③テニス

④バレーボール

⑤バスケット/レイアップシュート

⑥ボウリング

⑦アーチェリー

以上の7種目を、ダンス球技その他のスポーツ3つにわけ身体能力を確認してみました。

果たして松下洸平さんのそれぞれの運動レベルはどうなのでしょうか?見ていきましょう。




その1:ダンスで検証。ダンスはトップレベル!

松下洸平さんといえば、やはりダンスでしょう

ダンスの運動神経については、松下洸平さんが出演されているCM・舞台から確認してみました。

①CMから検証

その美声や、高身長を生かした高いスキルのパフォーマンスに観るものを魅了させる松下洸平さん。

出演されているスポーツ飲料のCMでも華麗なダンスを披露されており、ダンスのレベルの高さは確実だといえます。

松下洸平,運動神経爽快に出社するイケメンサラリーマンの松下洸平さん。
松下洸平,運動神経軽やかに舞う姿はまるで往年のミュージカルスターのよう。
松下洸平,運動神経雨の中で踊る姿はまさにミュージカルの名作を彷彿とさせます。
松下洸平,運動神経ワイヤーアクションを用いてのダンスにも挑戦。

 

それものはず、松下洸平さんはエンターテイメント分野の専門学校卒業生。

高校時代には友人を誘ってダンス部を立ち上げたほどです。ダンスが得意でないはずがありません。

専攻のヴォーカル科では歌唱のほかダンス&パフォーマンスのカリキュラムもあるほどダンスにもかなり力を入れていたようですのでパフォーマンスの高さはお墨付きでしょう




②舞台から検証

さらに松下洸平さんは、得意なダンス・歌唱を生かしミュージカルの世界でも活躍されています。

2011年から5年にわたって上演されたミュージカル「スリル・ミー」ではピアノ1台に演者2人のみという舞台で、愛する者の為に犯罪に手を染める主人公(私:ネイサン役)を見事に演じました。

松下洸平,運動神経実際の犯罪事件を原作としたミュージカル「スリル・ミー」で松下洸平さん(下)は愛のために完全犯罪を目論む同性愛者を演じました。

また、2016年に出演されたミュージカル「ラディアント・ベイビー〜キース・ヘリングの生涯」では、伝説的なストリートアートの先駆者であるキース・ヘリングの生涯をロックとポップなミュージック&ダンスで表現し舞台を鮮やかに彩りました。

松下洸平,運動神経キースの恋人でDJのカルロス役を演じる松下洸平さん(左)

 

デビューして以来様々なミュージカルに出演されている松下洸平さん。

ダンスの運動神経が高くない訳がありませんよね

またBTSのダンスも完コピしてしまうほど松下洸平さんはダンスのスキルも高いです。

松下洸平さんのダンスのレベルが気になる方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

松下洸平,ダンス,動画,bts
松下洸平の特技のダンス動画まとめ|ZIPの完コピBTS!実はダンス歴20年?マルチな才能で人気急上昇中の俳優・松下洸平さんは、音楽の才能に加えてなんとダンスも踊れるのだとか! なんと大人気グループBTSの『Dy...



その2:球技で検証

ダンスでは高い運動神経が確認された松下洸平さんですが、球技はどうなのでしょうか?

実は松下洸平さん、球技が大の苦手のようです

松下洸平,運動神経 松下洸平,運動神経

松下洸平さんにとっては、ボールが凶器に思われるほど。

ではどのくらい球技が苦手なのでしょう?

続いては5つの種目から松下洸平さんの球技ついての運動神経のレベルを探ってみましょう

①少年の憧れ~野球(チャッチボール)

球技ならまず思い浮かべるのが野球

現在では男女関係なく人気のスポーツですよね。

その基本とえばキャッチボールです。幼いころは誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。もちろん松下洸平さんも例外では、と思われるのですが。

スポーツウェア姿もさまになる松下洸平さんです。

松下洸平,運動神経

飛んできたボールも見事チャッチ!!

松下洸平,運動神経

と思いきや、

松下洸平,運動神経

おもいっきりエラー!!

相手への投球も…

松下洸平,運動神経

奇声を上げて大暴投!!!!

惨憺たる姿の松下洸平さんです。

どうやらキャッチボールの運動神経はよろしくないようです




②王子様といえば~テニス

松下洸平さんといえば、歌って踊れるミュージカル界のプリンス!でもありますよね。

プリンス=王子様=テニス

やはり王子様ならテニスでしょう!ということで続いてはテニスで検証です

テニスの見所はラリーです。そこでラリーが何回続くかで松下洸平さんのテニスでの運動神経をはかってみましょう。

テニスボールを見つめる松下洸平さん。今度こそやってくれそうですが…

松下洸平,運動神経 松下洸平,運動神経

今回もなぜか奇声を上げる松下洸平さん。そして…

松下洸平,運動神経

舞う!

松下洸平,運動神経

舞う!!

松下洸平,運動神経

舞う!!!

松下洸平,運動神経

そしてフィニッシュ!!!!

よほどダンスがお好きなようですね…。

テニスでのラリーの記録は1回でした




③175㎝の身長を生かして~バレーボール

ここまで球技に対して惨敗の松下洸平さん。175㎝の長身を生かして次はバレーボールで検証です。

スラッとした長い手足を生かしてバレーボールではイケてる姿が見たいところです。

ネット前で軽くウォーミングアップする松下洸平さん。今度こそは…

松下洸平,運動神経 松下洸平,運動神経

残念!

やはりバレーボールでも奇声とともに軽やかに舞い踊っています。

松下洸平,運動神経お腹丸出しで弾ける松下洸平さん。

その姿はお世辞にも美しいとはいえません。

バレーボールに関して、松下洸平さんには悲しいエピソードがあるようです。

高校に球技大会があって、バレーボールをやった気がするんです。(女子生徒に)あいつは運動できるんじゃないか?って感じで見られてたんです。で、ボールをなんか(アタック)した瞬間に、女子生徒たちがサーって…

1億3000万人のSHOWチャンネルより

わかります。女子生徒達の気持ちが痛いほどわかります。

イケメン・高身長、おまけにダンス部を立ち上げるほどの運動神経の持ち主。おのずと期待が高まってしまいますよね。

そして見せた姿が

空中でもがくカエル

悲しすぎます。

残念ながらバレーボールでの運動神経も絶望的のようです…。




④高身長男子なら~バスケットボール(レイアップシュート)

では同じ高身長を生かすバスケットボールではいかがでしょうか?

ここではバスケットボールでもレイアップシュートで検証です。

レイアップシュートとは

ドリブルまたは走りながらボールをキャッチしてリング付近からおこなうシュートのこと。

バスケットボールをテーマにした漫画「スラムダンク」では庶民シュートとして主人公が最初に教えられたこのシュート。

はたして松下洸平さんはいかに。

ボールを抱え眼光鋭くリングを見つめる松下洸平さん。

松下洸平,運動神経

ドリブルをし鮮やかにシュート!のはずですが、

松下洸平,運動神経 松下洸平,運動神経

やはりここでも健在の奇声!いつでもどこでもボイストレーニングは怠りません!

松下洸平,運動神経

そしてホームランを打ち上げました!(バスケットボールなのに)

バスケットボールでも一目瞭然の運動神経の低さが見られます




⑤夢のストライクでハイタッチ!~ボーリング

実は”ボーリングでストライクを取ってハイタッチをする”という夢を持っている松下洸平さん。

ボーリングでストライクぐらい誰でもとれるのでは?と思われますが、松下洸平さんのボーリングでの最高スコアはなんと45!

いったいハイスコア45とはどのようなレベルなのでしょうか?

松下洸平,運動神経

立ち姿は爽やかな松下洸平さん。ですが…

松下洸平,運動神経

出ました!いつもの奇声!

松下洸平,運動神経

そしてボールは溝へ向かって一直線!

松下洸平,運動神経

不甲斐なさにマグロと化す松下洸平さん。やはりボーリングも絶望的?の状況でしたが、

松下洸平,運動神経

16回目にしてなんとか人生初のストライクを達成!リア友とのハイタッチ(エアー)を叶えました。

とはいってもストライク1回とるまでに16回とは、やはりボーリングでの運動神経も皆無といえます




その3:その他のスポーツで検証

球技では散々たる姿をさらしてしまった松下洸平さん。ご自身でも「苦手」と言われるだけあって結果も想像したとおりになりました。

ではその他のスポーツではどうなのでしょうか?

ここからは、以前挑戦されたことのあるアーチェリーの画像を使って確認してみたいと思います

①乙女の♡を射止めて欲しい~アーチェリー

2021年10月からOAのTBS系金曜ドラマ「最愛」の番宣のために出場した「オールスター感謝祭21秋」

松下洸平さんは「重圧アーチェリー」で小栗旬さん・坂口健太郎さん・ウルフ アロンさんと対決されました。

チャンスは2回

松下洸平,運動神経

1射目を構え的を見すえる松下洸平さん。

松下洸平,運動神経

結果は…見事500点を射貫きます!

松下洸平,運動神経

続く2射目でも500点獲得し、合計1000点で同点タイの坂口健太郎さんとサドンデスへ。

松下洸平,運動神経

結果坂口さん300点・松下さん500点でサドンデスを制覇!優勝賞品の「叙々苑弁当100人分」を手にいれました。

松下洸平,運動神経

しかしご自身では納得のいかなかった様子。実は松下洸平さん、リハーサルでは1000点を射貫いていたのです!

恐るべし集中力ですね!

松下洸平さんは弓道系のスポーツに関しては高い能力を持っているようです




球技が苦手な理由とは?

7種目のスポーツを3つのジャンルにわけて検証した結果、松下洸平さんはやはり球技音痴であることが証明されました。

ですがなぜ球技音痴なのでしょうか?

それには松下洸平さんの生い立ちが関係しているようでもあります

画家である母親の影響から、幼い頃から芸術や音楽に親しんできた松下洸平さん。

中学からはダンスを始めましたが、美術系の高校に進学され油絵を学んでいたほど。

生活の中に運動がある子供

生活の中に芸術がある子供

それぞれ成長での過程がかわります。アーティスティックな環境のもとで多感な時期を過ごしてきたのであれば、おのずと文化系タイプになることは確かです。

松下洸平さんはまさしく後者なのでしょう。

また、1つのスポーツが得意だからといって、すべてのスポーツが得意という訳ではないようです。

意外なことに、「スポーツは苦手です」というアスリートは少なくない。
~中略~
柔道の五輪金メダリストである谷亮子は現役時代、「体育ではどの種目もできなくて、成績も悪かったです」と語っていた。また、バレーボールの元日本代表、大山加奈を指導した下北沢成徳高校の小川良樹監督は、大山について「運動神経や反射神経がいいわけではなかったですね。むしろよくなかった」と振り返っている。

出典:numberwebより

つまりはすべて適性ということのようです。

「伸びるには、適性というものが大きいのでは」

「競技において必要な身体能力が高いか否か」

出典:numberwebより

 

以上のことから、松下洸平さんが球技が苦手だという理由として、

①松下洸平さんの生活環境に運動との馴染みが薄かった。

②松下洸平さんはダンスの適性が高すぎた。

③松下洸平さんはダンス以外のスポーツに自身の興味がいかなかった。

以上の3つの理由が考えられます。




元陸上部の役に挑む!走りのレベルは?

球技が不得意な松下洸平さんですが、2021年10月から出演されている新ドラマ「最愛」では、元陸上選手の刑事役を熱演されています。

そこで気になるのは、元陸上選手役に挑む松下洸平さんの走りのレベルです。

まず松下洸平さんが演じる刑事のプロフィールがこちらです。

松下洸平,運動神経

・名前 宮崎大輝(みやざきだいき)
・職業 捜査一課の刑事
・性格 正義感が強く真面目で心優しい

・元白山大学陸上部エース

プロフィールのとおり、スレンダーな体躯に小麦色に焼けた肌が陸上部のエースの風格を感じます。

松下洸平さん自身も役に成り切るために、青山学院大学の原晋監督に監修と指導を受けているようです。

番組のSPインタビューの中でも松下洸平さんは元陸上部の役を演じるために「隙あらば走っている」と話されています。

自分の身に強い付いていないものをずっとやってきた役って、すごく努力しないとリアリティが出ないと思うので最近隙あらば走ってますね。ちょっとでもその道のプロの方が見たときに「ちゃんとやってるな」って思って頂けるようにちょっと頑張って走り込みたいと思います。

出典:TBS「最愛」松下洸平SPインタビュー動画より

さらに、監修の原監督からはランニングシューズを貰ったというほどですので、役に対する熱のいれようの高さを感じますね。

その練習の成果が現れたのか、共演されている俳優の赤妻洋貴さん(吉野颯太役)には走る姿がリスペクトされているようです。

松下洸平,運動神経

松下洸平さんの役に対する熱意と、役作りへの努力が実を結んだ結果かもしれませんね。




まとめ

今回は、松下洸平さんの運動神経について、さまざまなスポーツから検証してみました。

今まで弁護士や若手政治家など、スマートでエリートな役を演じてきたため、そのイメージから「運動神経が良い」と思われてしまっていた松下洸平さん。

しかし実際は球技音痴ということがわかりファンもがっかりされたかと思われましたが、「そのギャップがたまらない」「親近感がわく」「可愛くて愛しさ1000倍」とさらに好感度がアップしています。

また、苦手なことを素直に見せることのできる裏表のない性格にますます人気度が高まりそうです。

「八郎沼」ブームを巻き起こした松下洸平さんが、「大ちゃん沼」ブームを巻き起こすのも時間の問題かもしれません。

今後はどのような姿を見せてくれるのか、松下洸平さんの活躍に期待したいですね。



error: Content is protected !!