ジャニーズ

KAT-TUNの凄かった6人時代の伝説!デビュー前から人気過ぎだった?

2021年にデビュー15周年を迎え、紅白歌合戦にも出場するジャニーズの人気グループKAT-TUN

元々は6人で結成されたKAT-TUNですが、結成当時の爆発的な人気はいまや伝説として語り継がれるほど、凄まじいものがありました。

現在もグループでの活動はもちろん個々でも大活躍していますが、今記事では凄かった6人時代のKAT-TUNを振り返ってみたいと思います。

KAT-TUNプロフィール

KAT-TUN,凄かった

KAT-TUNは、2001年にジャニーズの6人組グループとして結成されました。

グループ名の”KAT-TUN”は初期メンバー6人の頭文字を繋げたもので、間にある-(ハイフン)は、ファンの呼び名として定着しています。

2021年現在で、メンバーは亀梨和也さん・上田竜也さん・中丸雄一さんの3人。

亀梨和也さんはドラマに映画・キャスターとして、上田竜也さんはドラマや舞台・『炎の体育会TV』など、中丸雄一さんは『シューイチ』コメンテーターや『ジャにのちゃんねる』メンバーとしても活躍中です。

https://tabisekamovie.com/kamenashikazuya-height/

https://tabisekamovie.com/uedatatsuya-hairstyle/

ジャにのちゃんねる,メンバー
ジャにのちゃんねるのメンバー選考理由や開設時系列まとめ!今後は新メンバー追加?嵐の二宮和也さんが開設した、ジャニーズ事務所初のYouTubeユニットによるチャンネル『ジャにのちゃんねる』。 開設後たった1か月で登...



メンバー脱退の推移

当初は、亀梨和也さん・赤西仁さん・上田竜也さん・中丸雄一さん・田中聖さん・田口淳之介さんの6人で活動をスタートさせたKAT-TUNでしたが、2010年代になると脱退するメンバーが相次ぎました。

KAT-TUN,凄かった
  • 2001年4月:KAT-TUN結成
  • 2010年7月:赤西仁が脱退
  • 2013年9月:田中聖が脱退
  • 2016年3月:田口淳之介が脱退

2016年3月末に田口淳之介さんが脱退した後、2016年4月より初の3人体制でデビュー10周年ツアーを実施。

その最終公演の5月1日をもってKAT-TUNは「充電期間」に入りグループ活動は休止しましたが、2018年1月1日のジャニーズカウントダウンライブにて、再始動をすることを発表しました。




KAT-TUNの凄かった6人時代の伝説!

ジャニーズ王道のキラキラアイドルとは真逆で、ギラギラしたワイルドな風貌で”不良系”とも言われていたKAT-TUN。

これまでのジャニーズのイメージを覆すような異色の存在でした。

そんなKAT-TUNの6人時代の人気は凄まじく、数々の伝説を残してきました!

デビューシングルが記録的売上!

2006年3月22日、シングルCD『Real face』でデビューを果たしたKAT-TUN。

スガシカオさん作詞・B’zの松本孝弘さん作曲の名曲で、売上100万枚を超えるミリオンセラーを記録しました!

KAT-TUN,凄かった

デビューシングルのミリオンセラーは、2001年発売のCHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」以来5年ぶりという快挙!

さらに、その後も3週連続オリコン週間チャートで1位を獲得。これは1997年のKinKi Kids「硝子の少年」以来8年8か月ぶりのことでした。

その他にも、数々の記録を残しています。

  • 初週売上枚数 75.4万枚(スノストに破られるまで14年間首位)
  • オリコン年間チャート 1位
  • 同時発売のDVD、ベストアルバムも1位
  • 有線リクエスト・着うたダウンロード1位

Real faceは「ギリギリでいつも生きていたいから」のフレーズや、サビ前の舌打ちなどがお馴染みですよね!

現在も、歌番組で別のグループがReal faceを歌う際「舌打ちは誰が担当するのか論争」がSNS上でも盛り上がるほどの人気曲。

過去には何人もの人気ジャニーズが舌打ちをしてきましたが、近年ではKing&Princeの永瀬廉さんや高橋海人さん、Snow Manのラウールさんなどが担当し、大盛り上がりを見せていました。

東京ドーム8日間連続公演!

発売したシングルはすべて1位を獲得するなど人気絶頂のKAT-TUNは、2009年5月のライブ「KAT-TUN LIVE break the Records」で、8日間連続東京ドーム公演を行いました。

8日間連続で東京ドームコンサートを行うのはKAT-TUNが史上初!

当初は7日間の予定だったものの応募が殺到したため1日増やし、さらには京セラドーム3公演、東京ドーム2公演も追加され、延べ68.5万人を動員しました。

ライブの総製作費はなんと32億円だったのだとか!

KAT-TUN,凄かった

KAT-TUNはデビュー5日前の2006年3月17日にも東京ドーム公演を行っていますが、デビュー前に単独で東京ドームコンサートを行ったのは音楽業界の中でもKAT-TUNが初めてでした。

このことからも当時の凄まじい人気ぶりが伺えますね!




先輩後輩からも恐れられていた?

ワイルドでやんちゃなイメージのあった6人時代のKAT-TUN。

派手な毛皮やアクセサリーをジャラジャラつけてオラついているビジュアルのKAT-TUNのメンバーたちは、異彩を放ち一際目立つ存在でした。

KAT-TUNの先輩であるでさえ、「恐かったよ」「お前らそんな尖がった革靴で踊るの?」とおびえるほどだったそう。

先輩ですら恐がるほどのKAT-TUNですから後輩たちからも当然恐れられていて、当時のエピソードが後輩たちから多数語られています。

Hey!Say!JUMP 伊野尾慧さん「中丸くんは“黒くて怖いお兄さん”だった!」

Sexy Zone 菊池風磨さん「当時のKAT-TUNは、バキバキだったんですよ」

SixTONES 松村北斗さん「KAT-TUN=怖いっていうイメージ」

現在は穏やかで優しそうな中丸雄一さんでさえ、当時は茶髪で黒いマニキュアをつけるなど尖っていたというから驚きですよね!

数え上げればキリがないほどKAT-TUNが怖いエピソードは後輩たちから上がっています。

SixTONESの田中樹さんは、兄の田中聖さんが所属していたのに「KAT-TUN怖い」と言い、亀梨和也さんからツッコミを受けていました。

 

亀梨和也さんがエンジニアブーツでコツコツ足音を立ててスタジオに入ってくる時、後輩は総立ちで廊下にずらっと並び「おはようございます!」と挨拶するというエピソードもあったのだとか!

KAT-TUNは楽屋や控室で出血するほどのメンバー同士の殴り合いの大喧嘩も多かったようで、当時はギスギスしていたこともあったそうです。




KAT-TUNはデビュー前から人気過ぎだった?

数々の伝説的記録を残しているKAT-TUNですが、その爆発的な人気はデビュー前から始まっていました。

デビュー前から圧倒的な人気を誇っていたKAT-TUNのエピソードをご紹介していきます!

Jr.時代のライブに55万人が殺到?

2002年8月に東京国際フォーラムにて、初の単独ライブ「KAT-TUN お客様は神サマー Concert 55万人愛のリクエストに応えて!!」を行ったKAT-TUN。

KAT-TUN,凄かった

この時まだデビュー前だったにも関わらず、コンサートを観に行きたい人が殺到!

2万人程度のキャパシティに対し、なんと55万人ほどの応募がありました。

ありえないほどの倍率でほとんどのファンが落選したため、ライブタイトルが「55万人 愛のリクエストに応えて!!」となったようです。




仁亀人気が凄かった!

2005年1月期に放送され、平均視聴率28.0%を記録した人気ドラマ『ごくせん 第2シリーズ』。

この時、亀梨和也さんと赤西仁さんは生徒役でドラマ出演し、その圧倒的なカッコよさから爆発的な人気と知名度を一気に上げ、2人合わせて”仁亀コンビ”と呼ばれるように。

人気若手俳優が多数出演していたごくせんシリーズの中でも、亀梨和也さんと赤西仁さんが出演していた第2シリーズはダントツでトップの視聴率を誇っていました。

KAT-TUN,凄かった

当時のこの2人のビジュアルは神レベルですよね…!

女子たちの間ではこの仁亀コンビの人気がもの凄く、「赤西派」か「亀梨派」かという論争でも盛り上がりました。

https://tabisekamovie.com/jinkame/

青春アミーゴが大ヒット

ごくせん2と同じ2005年、10月より放送されていたドラマ『野ブタ。をプロデュース』

平均視聴率は16.9%の人気ドラマで、山下智久さんと亀梨和也さんが主演を務めました。

このドラマが大ヒットし、ドラマ内での役名「修二と彰」でリリースした『青春アミーゴ』が爆発的なヒットを記録!

KAT-TUN,凄かった

発売4週目でミリオンセラー、累計出荷数は200万枚を超え、2005年の年間オリコンランキング1位!さらには翌年の年間オリコンランキングでも3位というロングセラーでした。

現在でもカラオケなどで人気がありますし、後輩ジャニーズ達にも歌い継がれています。

この爆発的な人気がデビュー前だったというから驚きですよね!




KAT-TUNは現在も人気!2021紅白初出場!

KAT-TUN,凄かった

2021年12月31日放送の『第72回NHK紅白歌合戦』に、KAT-TUNが出場することが決定しました!

大みそか恒例の『第72回NHK紅白歌合戦』(後7:30~11:45 総合ほか)の出場歌手が19日、発表され、人気グループ・KAT-TUNの初出場が決定した。(中略)

NHKで行われた出場歌手発表会見にはVTRコメントを寄せ、亀梨和也は「15周年の集大成、紅白のステージで僕たちの思い、そして皆さまへの感謝の思いを精一杯届けたいと思います!」と意気込んだ。

引用:2021年11月19日 Yahoo!ニュース

デビュー15周年にして、意外にも紅白歌合戦初出場のKAT-TUN。

晴れの大舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみですね!




まとめ

KAT-TUNの凄かった6人時代の伝説や、デビュー前からの人気過ぎるエピソードなどをご紹介しました!

6人時代のKAT-TUNは圧倒的な人気と勢いがあり、ジャニーズや音楽史上初の記録をいくつも作ってきました。

これまでのジャニーズにはなかったワイルド系ジャンルを切り開き、我が道を進んできたKAT-TUN。

デビュー15周年を迎え、グループとしての活動はもちろん個々の活動も光るKAT-TUNの、今後の活躍を期待しています!