皇族

悠仁さまが高校受験した筑波大附属高校の倍率偏差値は?学習院より高い?

秋篠宮家のご長男・悠仁さまが筑波大付属高校に合格されました!

筑波大付属高校と言えば、東大進学率の高い難関高校として名高い名門校です。

皇族の方々が進学されるのは、今までは学習院大学が定番となっていましたが、なぜ筑波大附属高校を選ばれたのでしょうか?

この記事では悠仁さまが高校受験した筑波大附属高校の倍率や偏差値、また学習院との比較を調査してみたいと思います。

悠仁さまのプロフィール

それでは初めに悠仁さまのプロフィールについてご紹介します。

悠仁,高校,筑波

名前:悠仁
生年月日:2006年9月6日(15歳)
出生地:東京都
身位:親王
敬称:殿下
両親:秋篠宮文仁親王・文仁親王妃紀子
皇位継承順位:第二位

悠仁さまは、父の秋篠宮文仁殿下のご誕生以来、皇室に40年9か月ぶりに誕生した皇族男子です。

悠仁さまは紀子さまがお茶の水女子大学で研究活動をされていることから、女性研究者を支援するための特別入園制度でお茶の水女子大学付属幼稚園に入園され、学校から中学校までお茶の水大学付属校で学ばれています。




悠仁さまが筑波大付属高校に合格!

悠仁,高校,筑波

秋篠宮家の長男である悠仁さまが、今年4月から筑波大学付属高校に進学されることが発表されました。

筑波大付属高校と言えば、東大進学率の高い難関高校として名高い名門校です。

お茶の水女子大学付属は、中学までは共学ですが高校からは女子高になるので今回悠仁さまは高校受験をすることになり、そこで悠仁さまが選択されたのが筑波大付属高校でした。

皇族の方々が進学されるのは、今までは学習院大学が定番となっていましたが、なぜ筑波大附属高校を選ばれたのでしょうか?

今の皇族の方々は、天皇陛下のご長女である愛子さまは国際基督教大学へ進学され、悠仁さまのお姉さまの佳子さまも学習院大学文学部を中退してまで国際基督教大学に編入されていますよね。

まずは筑波大附属高校の倍率など基本情報を見ていきましょう!




①筑波大付属高校の偏差値と倍率は?

筑波大付属高校の偏差値と倍率を見てみましょう。

  • 筑波大付属高校の偏差値 78
  • 筑波大付属高校の倍率 3.00倍

筑波大付属高校の偏差値は、驚異の78です。

東京都内で1位、東京都内国立校で1位、全国でも2位です。

また倍率は3.00倍となっています。

悠仁さまは一般入試をされているので、どれだけ優秀かがわかりますね。

筑波大付属高校は、東京都内だけでなく全国的に見てもトップクラスの難関高校です。

②筑波大付属高校の進学率と進学先大学

2021年の筑波大付属高校の卒業生は230名でした。

大学進学率はほぼ100%です。

進学先大学(現役合格者のみ)

東京大学合格者 29名
京都大学合格者 8名
早稲田大学 73名
慶応義塾大学 44名
明治大学 30名

など

他にも関西の名門大学への合格者も多数いるようです。

筑波大付属高校では、上位10%の成績優秀者が東京大学に合格しています。

さらに筑波大付属高校は、全国東大合格者ランキングも開成高校、灘高校に次ぎ第3位です。

また以下のような証言もあります。

秋篠宮家に近しい関係者が言う。「ここ最近、悠仁さまはめきめきと成績を上げていらっしゃいます。お茶の水中学では、学業優秀な男子生徒が他の中学への受験で抜けたこともあり、女子生徒が成績上位層を占めている。ただ、悠仁さまはトップクラスの女子生徒に負けず劣らずの成績を残しておられるのです。秋篠宮さまも先日のお誕生日会見で“1年前と比べると机に向かっている時間が格段に長くなっている”と仰っていましたが、学力的には早慶の附属校を目指せるレベルではないでしょうか。内申点も非常に高いと耳にします」

引用元:Yahooニュース

皇族の方が難関校に合格すると、「特別枠」のように言われることが多いですが、悠仁さまは実際にお茶の水大付属中学でも優秀な成績を修められていたようです。

そして、悠仁さまは今回の筑波大付属高校の入試も推薦ではなく、一般入試で受験されています。

ただ、こういった意見もあります。

皇室の歴史に詳しい小田部雄次・静岡福祉大学名誉教授は、「東大は主に官僚や学者になるための学校で、皇族が目指す場所ではありません。仮に推薦で東大に入学されても国民に不当な印象を抱かせてしまいます。そもそも、皇族は受験などで一般国民と同じ土俵に立って競争すべきではなく、そのために学習院があったのです。将来の天皇にとって大切なのは学歴ではなく帝王学、つまりは国民を慈しむ御心を養うことです。偏差値や学歴といった世俗的な価値観のなかでお育ちになることは、悠仁さまにとっても、国民にとっても不幸なことだと感じます」

引用元:Yahooニュース

悠仁さまは、お父様の秋篠宮文仁殿下と同じく「生物学」に大変興味を持たれているようです。

もちろん、将来の天皇としての帝王学も必要です。

しかし、悠仁さまご自身が東京大学で生物学を学びたいという希望を持っていらっしゃるのであれば、東大で研究を行われることも素晴らしいことなのではないかと思います!




③筑波大付属高校出身の著名人は?

次に、悠仁さまの先輩にあたる筑波大付属高校卒業の著名人をご紹介します。

男性著名人

星新一 小説家 東京大学大学院進学
鳩山一郎 元総理大臣 東京帝国大学進学
野村萬斎 狂言師 東京藝術大学音楽学部邦楽科能楽専攻進学

女性著名人

片山さつき 参議院議員 東京大学法学部進学
檀ふみ 女優・エッセイスト 慶応義塾大学進学
影山優佳 アイドル(日向坂46)
八田亜矢子 タレント 東京大学医学部進学

他にも政財界の大物からお笑い芸人さんまで、たくさんの著名人が筑波大付属高を卒業しています。

そしてみなさん、名門大学へ進学されているようですね。




皇室御用達の学習院と筑波大付属高校を比較

悠仁,高校,筑波

悠仁さまのご両親は、学習院大学を卒業されています。

秋篠宮殿下と紀子さまが出会われたのも、学習院のキャンパスでした。

(悠仁さまはこれまで幼稚園から中学校まで学習院系列には一度も通われたことがありません。)

皇族の方々はほぼ学習院で学ばれていますので、参考までに偏差値と倍率をご紹介します。

  • 学習院高等部偏差値 68
  • 学習院高等部倍率 3.03

学習院の偏差値も68というのはかなり高いですが、筑波大付属高校の偏差値は”78”が高すぎることがわかります。

倍率は3.03と筑波大付属高より少し高いくらいで、あまり変わりませんね。

学習院受験の場合は、家柄や世帯年収なども加味されるという噂があるので、別の意味で難関かもしれませんが、より偏差値の高い筑波大付属高校に合格された悠仁さまはすごいですね!




紀子さまは悠仁さま東大入学を悲願?

紀子さまは、かねてから悠仁さまに東大進学を願われているようです。

紀子さま自身は、ご結婚後にも学習院大学大学院で学ばれており、実父の故・川嶋辰彦氏は学習院大学の名誉教授です。

そのため、悠仁さまも学習院大学に入学されるように感じましたが、そうではないようです。

悠仁,高校,筑波やはり、紀子さまも一般家庭の母親と同じように、ご自身の成績優秀なご子息にはぜひ日本の最高難関大学・東京大学に行かせたいという悲願をお持ちのようです。

一般入試で筑波大付属高に合格された悠仁さま。

日本初の「東大卒の天皇」になられる可能性は十分あると言えるでしょう。

秋篠宮殿下は、小室眞子さんや佳子さまを見てもわかる通り、子供たちには本人のやりたいことをやらせたいという考えをお持ちのようです。

悠仁さまが東京大学で生物学(特にトンボの研究)をしたいと希望されれば、後押しされるのではないでしょうか。




まとめ

「悠仁さまが高校受験した筑波大附属高校の倍率偏差値は?学習院より高い?」についてご紹介しました。

筑波大付属高は、東大進学率のかなり高い名門校であることが分かりました。

そして、学習院高等科もやはり皇室御用達校であるだけあって、偏差値も倍率も高い高校のようです。

皇族だからと言って好きなことができないわけではないというお考えの秋篠宮殿下を父に持つ悠仁さま。

悠仁さまが、高い知性と知識を持った天皇になられることを期待しましょう!

佳子さま,彼氏,理系大学
佳子さまの新彼氏の理系大学ってどこ?顔写真やデート中の画像をまとめ美しすぎる皇族・佳子さまに新恋人の情報が入ってきました。 佳子さまのお相手は、イギリスのリーズ大学に同時期に留学していた”理系大学”の...
女性天皇,認められない
女性天皇が認められない理由は血筋を守るため!愛子さま・眞子さまのご子息は天皇になれる?女性天皇が認められない理由をみなさまはご存知ですか? 現在では”天皇は男系の血筋のみに限定”されているため、度々話題になる『女性天皇の...

今後も皇室の動きを追っていきたいと思います!



error: Content is protected !!